STBをご利用のお客様へ(トランスモジュレーション方式による 地上デジタル放送の終了について)

平素は多摩テレビをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、多摩テレビでは「トランスモジュレーション方式」(以下「トラモジ方式」と記載します。)
による地上デジタル放送を終了することといたしました。

トラモジ方式は主に旧型のSTB向けの送信方式となっており、現行モデルのSTBやデジタルテレビ、
ブルーレイレコーダーなどでの地デジ受信は「パススルー方式」となっております。

トラモジ方式終了に際し、「パススルー方式」で設定されていない可能性がある現行モデルのSTBに
対しパススルー方式に変更するための自動更新信号を送信して参りましたが、正しく受信出来ていない
可能性もございます。

お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、地上デジタル放送の視聴や録画ができなくなった場合は、
下記のご確認等をお願い申し上げます。


                
                     記


1.トラモジ方式終了日時 : 平成30年8月1日(水)午前10:00


2.対象 : 一部のSTB


3.トラモジ方式終了による影響を受ける対象者様 
  
  ① トラモジ方式で受信をされていて自動更新信号が正常に受信できなかった場合。
   
    → 以下「4」の対処方法をご確認お願いいたします。   
  
  ② DCH-500、DCH-505、DCH-2000のSTBをご利用いただいている場合。
   
    → 別途ご連絡を差し上げておりますが、STBの交換が必要となりますので、フリー
      ダイヤルまでご連絡をお願いいたします。


4.地上デジタル放送の視聴や録画ができなくなった時の対処方法

  ・ご利用中のSTB型番に記載されている数字部分に該当する、以下の手順書に沿って
   確認および変更していただくか、フリーダイヤルまでお問い合わせください。
   (確認および変更は、リモコンでの簡単な作業となり5分程度で完了いたします。)

                                   

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。


※STBを経由しない直接受信による地上デジタル放送のご視聴・録画に影響はございません。
※STBの型番はSTB本体前面にある「Panasonic」ロゴの下もしくは右側にございます。


                                           以上


<お問合せ先>

株式会社多摩テレビ お客様センター
0120-118-493
祝日を除く月~土9:00~17:30
(営業時間外は時間外受付へつながります)

stb-check-ex



手順書一覧  STB型番(数字部分)
       300
       600
       611
       621
       820
       900
       910
       920
       2810